サービス 導入事例等 FAQ お問い合せ 会社概要  
お試し自動作成のお申し込み(無料)はこちら        New システムご試用のお申し込み(無料)はこちら
menu
看護配置マイスター top
使える勤務表を作る
人材補充の根拠を提示
現場で「使える」勤務表ができる
簡単操作で勤務表を自動作成
勤務表に潜むリスクをアラート表示
4か月先までの看護配置のシミュレート
さまざまな帳票出力が可能
充実のサポート体制
FAQ・導入事例・推薦 / お問い合わせ
close
これまでの勤務表作成ソフトも、夜勤回数や公休の条件、多くのシフトパターンなど労務管理上の条件は、全て考慮して勤務表を自動的に作成していました。 しかし、できあがった勤務表は現場ではなかなか使いものになりませんでした。 なぜでしょう?  実は、勤務表は病棟戦略そのものだからです。 すなわち、労働管理だけでなく、 医療サービスの質を保つための医療安全管理、 そして、人材育成や離職防止などを職場管理までをも 考慮しなければいけないのです。  この3つをできる限り満たすことが、良い勤務表作りの条件と言えます。
たとえば スタッフのスキルや個性を組み合わせて 勤務表をつくれる
たとえば さまざまな勤務希望に 臨機応変に対応できる
毎月の勤務表もたった4ステップ マウス操作で簡単に作成できます。
ステップ1 前月実績の入力
ステップ2 入退職、人事異動など、 翌月以降の勤務変更の確認
ステップ3 勤務希望の入力
ステップ4 勤務表作成条件の確認
勤務表自動作成スタート!
自動生成された勤務表の生成結果レポートを表示することが可能です。未達成の目標ごとに「回避」か「受容」かを判断し、必要に応じて再生成や修正を加えることで、全ての目標を考慮しつくした勤務表が作成できます。
看護師の個性にも注目しました
 実際の勤務表作成時、多くの師長さんは看護師の性格や経験、職能(スキル)の組み合わせについて、同じ資格を持つ看護師であっても、『看護師1名』ではなく、一人ひとりが『別の個性』として扱われています。診療報酬や人件費、雇用条件などの労務管理だけで考えられた勤務表では看護の現場では役立ちません。

 そこでわたしたちは、①労務管理に関する条件、②医療安全管理に関する条件、③職場管理に関する条件の3方向から考えることとしました。
 するとスタッフ一人ひとりの「性格」や「職能」の分類が重要な役割を果たすようになります。それらが考慮された勤務表は、そのままHRM(ヒューマン・リソース・マネージメント)の道具となり、人材育成・離職防止の効果さえ期待できるようになったのです。

看護の現場に対応した自由な設定
 そのような勤務表を自動作成するシステムを開発するにあたり、私たちは、複雑で緻密な条件設定を極力シンプルかつ直観的に処理することを目指しました。各スタッフの雇用条件や夜勤の連なりなど必ず守る条件と、できる限り実現を目指す目標に分け、目標には優先度合いを細かく設定できるようにすることで、相反する条件が重なっても途中で停止することなく生成結果を提示します。
入職、退職、休職、復職などの異動予定を反映しながら 4か月先までの勤務表をシミュレートします。  これにより、各種基準に照らした看護配置の過不足状況が 可視化できるため、今まで担当者の経験や勘に頼らざるをえなかった補充活動にも、明確な根拠を提示できます。
たとえば、 看護配置の充足度を 予測できる。
たとえば、 いつまでにどんな人材が 必要かを提示。
病棟用勤務表や様式9だけでなく、 出勤一覧表(印鑑簿)、看護要員表、 看護要員の名簿、法定勤務表、 医療従事者名簿、業務従事者名簿、 医療従事者数など各種帳票の出力が可能です。
4ヶ月先までの勤務表をシミュレート
 翌月の勤務表が生成された後、その先の勤務表を人事異動を考慮しながら4カ月先までの勤務表を自動生成。各月の様式9までもシミュレートします。その結果と診療報酬施設基準、労基法、医療法などの看護配置要件を照らし合わせ、未来の看護配置を検証します。

過去から未来までの看護配置をしっかり把握
 『充足度診断』が、各診断基準について時点/歴月/4週のそれぞれの要件を切り替え表示。結果の色分けにより過去から未来にわたっての過不足状況が一目で判ります。「今現在基準を満たせているか?」「いつ不足となるか?」といった不安を解消します。不足が生じる場合には、『補充必要度診断』を使えば「いつまでにどんな人を、何人補充すればよいか」を知ることができます。

緻密な様式9の管理のための機能
 例えば、日勤を0.5、公休を0.4としてカウントするような特殊シフトも自動で計算。様式9に必要な拘束時間だけでなく、給与計算上役立つ実働時間も並行して管理しています。さらに、他病棟への応援や委員会などの時間を自動で反映する機能を備えました。
導入時に、サポートスタッフが取材を行い、 事前にご使用になる病棟向けにセットアップを行い、 生成テストを行ってからご使用いただきます。導入前研修などを終えてから、ご利用が開始となります。運用中はサポート担当者がしっかりとフォローいたします。
システム設定代行も対応可能です
 システム利用のスキルが不足しており、高度な自動生成を使いこなせる自信がない場合、師長様に代わり弊社でシステム設定代行させていただくことも可能です。勤務表作成に必要な情報を都度ご提供いただければ、自動生成がきちんと機能する状態を弊社の方で保たせていただきます。師長様には、自動生成の実行と生成された勤務表のチェック・修正、勤務表確定後の実績管理のみ行って頂く形です。

勤務表業務まるごとの代行も可能です・・・『おまかせ by 看護配置マイスター』
 お客様に「看護配置マイスター」をご導入いただくことなく、弊社内で弊社スタッフが「看護配置マイスター」を使用して、お客様の業務代行をさせていただくサービスです。
 綿密なお打合せ作業を経て、初期設定を済ませた後は、毎月の締め切りまでに翌月の勤務希望や異動情報、前月実績情報をお送り頂くだけ。弊社側でシステムへのデータ入力や設定を行い、翌月勤務表を複数案ご提示するとともに、前月の様式9および看護配置状況のご報告を致します。師長様の側では、弊社から提示された勤務表数案のうち良さそうなものを修正して使って頂く形です。

 このように、お客様のご状況に合わせたバリエーション豊かなサポートが可能です。慣れるまで上記サポートを利用し、慣れたら独力で運用される形に移行することも可能です。